皆さんようこそ
(法定飲酒年齢に達した皆さん)
生年月日をご入力ください
記憶する サイトに入る
drink-smart

A History
As Spirited

As Bourbon Itself

The story of the Beam family is one of seven generations, more than 200 years, countless challenges and one goal; to make the best bourbon in the world. So settle in, pour yourself a bourbon and prepare to travel back in time with the First Family of Bourbon.
Scroll
  1. 私たちの物語はケンタッキーよりも前に始まります。

    以前、州というものは存在しませんでした。

    1740年、アメリカがまだ13の植民地だった頃、ボエーム家はアメリカに最初に到着し、植民地時代の夢をかなえようと決心していました。 48年後、彼らは現在のケンタッキー州の中心地に移転し、自分たちのドイツ語の名前をアメリカ名の「ビーム」に改名しました。 暑い夏、穏やかな冬、そして近くの石灰岩の泉は、彼らの新しい家を、そう、トウモロコシを育てるのに理想的な場所にしました。 あなたが思っていたのと違いましたか? 心配しないでください。バーボンについてはすぐに話します。

    バーボンの誕生。

    1700年代後半までに、ドイツ、スコットランド、アイルランドからの入植者たちは、西ペンシルベニアで、自国から持ち帰ったレシピを使ってすでにライ ウイスキーを作っていました。 しかし、米国政府が西へ移動してトウモロコシを栽培するインセンティブを提供するようになると、多くの人が家族をまとめて、バージニア州のケンタッキー地区に移住しました(変な時代でした)。 この農民たちの中にヤコブ ビームがいました。彼は、他の農民のように、自分の父のレシピを使って、余ったトウモロコシを新しい甘い種類のウイスキーバーボンに蒸留しました。こうしてバーボンが誕生しました。

    Jacob Beam

    トウモロコシ農家からマスターディスティラーになるまで。

    たぶん、ヤコブ ビームがこれまでにした最良の決定は、自分のバーボンを売るということでした。 ケンタッキーが州になってからわずか3年後の1795年に、彼はOld Jake Beam Sour Mashの最初のバレルを販売しました。 1800年代初頭までにケンタッキー州に約2,000の蒸留所があったことを考えると、彼のバーボンがすぐに地元のお気に入りになったことは決して小さな成功ではありませんでした。

  2. David Beam

    最初の灯が通過する。

    1820年、ヤコブ ビームは頭の切れる息子のデビッド ビームに蒸留所を手渡しました。 当時、バーボンは地元でしか流通できなかったので、今日のように瓶詰めして店で売る代わりに、人々は自分たちのジョッキを蒸留所に持っていって樽から直接一杯にしてもらってました。 しかし、デービッドは変化が起きつつあることを見て取り、先見の明を持って、将来の成長のために蒸留所を拡大しそして連続操業を可能にするために鍋型の蒸留器から円柱の蒸留器へと移行させました。 彼はまた、バーボンOldTub®の名前を蒸留所の名前と一致するように変更しました。

    何かがおかしいなら、燃やしてしまおう。

    列車や蒸気船が出現したため、蒸留所はバーボンを地元から出荷して売上を増やすことができるようになりました。 しかし、このバーボン市場の拡大は新たな問題を生み出しました。樽の不足です。 行き渡るほどの十分な樽がなかったので、蒸留酒製造業者は使用済みの魚や酢の樽にバーボンを入れ始めました。これは明らかに残念な結果を生み出しました。 幸いなことに、彼らはすぐに、それらの樽の内側を燃やすことで不快な臭いを取り除き、ウィスキー貯蔵のために使用できることを発見しました。 蒸留所がもともとチャーしたオーク樽を使用し始めたのはこのような理由のためでした。

    予期しない利点

    当時の輸送は速いとは言えないものだったので、樽がニューオーリンズに向かう蒸気船に積まれた後、バーボンが木に染み込み、チャーリング過程で作られたカラメル糖が抽出されるのに必要な時間がありました。 このためキャラメル風味と金色がウイスキーに加わり、直ちに人気を博しました。 ほどなくして、人々がこの新しい種類のウイスキーを出所にちなんで「オールド バーボン カウンティー ウイスキー」として求めるようになりました。

    David m.beam

    迷ったら、鉄道に望みをかけてみる。

    時を進めて、1854年に行きましょう。 父から蒸留所の経営を引き継いだ後、デービッド M ビームは、バーボンの新しい人気を利用したいと思いました。 そして線路の延長計画を知ったので、蒸留所をD. M. Beam & Companyという名前にして、ケンタッキー州ネルソン郡に 移しました。 今や、新しい線路からほんの数ヤード離れたところで、Old Tubを北にも南にも出荷することができるようになりました。 そしてボトルごとに瓶詰めをしてブランド名をつけることで、彼はバーボンをナショナルブランドに変え始めました。

    戦争とバーボン。

    南北戦争の頃には、バーボンはユリシーズ S グラント将軍でさえも熱心なファンになるほど人気がありました。 そして将軍の成功を見て、リンカーン大統領は「彼が飲んだものを調べ、私の他の将軍にも1ケース送ってもらいたい」と言ったと伝えられています。

  3. colonel james b.beam

    Old Tubの
    興亡。

    1894年、ジェームズ ボーレガード ビーム(彼の友人や家族にはジム ビーム として知られていた)は彼の父親であるデビッド M ビームから家の蒸留所を 受け継ぎました。 この時までにOld Tubは初めての全国的なバーボンブランドの一つとなっていました。 そして1900年代初頭を通して、Old Tubとバーボンは一般的に成長と拡大を続け、生産と品質に関する厳格な基準を作り上げていきました。 しかし、1920年に、禁酒法によりそれらすべてが突然音を立ててストップしたのです。 そのあとの10年以上の間、バーボン事業は事実上廃業となりました。

    "蒸留所が
    空になったとき。

    人生を一つの目標に向かって一生懸命働き、突然、もはやその目標は合法ではないと言われた時のことを想像してください。 これがまさにジムビームに起こったことであり、13年間の禁酒法の間、彼はライフワークをあきらめることを余儀なくされました。 この期間は、私たちの220年以上の歴史の中で唯一バーボンを蒸留しなかった期間となりました。 言うまでもありませんが、この時代に関してバーボンの歴史を語ることはそれほど多くありませんが、ジムビームは決して打ちのめされていたわけではありません。 自分の家族を支えるために、彼は炭鉱と柑橘類農業を試してみました。 私たちには幸運でしたが、どちらもうまくいきませんでした。

    暗い時代の
    小さな光。

    しかし、ジムの娘マーガレットがフレデリック ブッカー ノエと結婚したときに、ビームファミリーには1つ良いことが起こりました。 彼らの息子であるフレデリック ブッカー ノエ IIは、マスターディスティラーとなり、ビームファミリーの灯をともし続けたのです。

    必ず、
    カムバックさせる。

    人生を一つの目標に向かって一生懸命働き、突然、もはやその目標は合法ではないと言われた時のことを想像してください。 これがまさにジムビームに起こったことであり、13年間の禁酒法の間、彼はライフワークをあきらめることを余儀なくされました。 この期間は、私たちの220年以上の歴史の中で唯一バーボンを蒸留しなかった期間となりました。 言うまでもありませんが、この時代に関してバーボンの歴史を語ることはそれほど多くありませんが、ジムビームは決して打ちのめされていたわけではありません。 自分の家族を支えるために、彼は炭鉱と柑橘類農業を試してみました。 私たちには幸運でしたが、どちらもうまくいきませんでした。

  4. t. jeremiah beam

    ビームを長続きさせる。

    Old Tubという名前を失い、他の多くのバーボンブランドが禁酒法の時代に犠牲となったのを見たため、ジムビームは自分のバーボンの将来を確実にするために細心の注意を払いました。 未来はバーボン特有の風味にかかっていることを知っていたので、念のため、彼は毎週末、酵母株の水差しを家に持ち帰りました。 今日でも、私たちは同じ酵母株を使用しています。そしてジム ビームの曾孫は今でも週末にはいくらかを家に持ち帰ります。 ジェームズ B ビーム大佐がその時代に成し遂げたを考えてみると、1935年の後半に、彼の息子のT ジェレミアが蒸留所を Jim B. Beam Distilling Comapnyとして再設立し、私たちのバーボンを彼の父に敬意を表してJim Beam®と呼んだのは、まったくふさわしいことでした。

    世界に紹介する。

    T ジェレミア 「ジェレ」ビームは、新しい蒸留所の開業以来、父親が家業を営むのを手伝っていましたが、第二次世界大戦が終わった1946年に正式に家業を受け継ぎました。 その後すぐに、彼の同郷の人たちにバーボンなしで過ごしてほしくないと思い、ジム ビームのケースを海外に駐留するアメリカ軍人に出荷し始めました。 彼は予想していませんでしたが、これにより、Jim Beamを世界に紹介し、自分が見守る中で世界で最も売れるバーボンになる舞台を整えることになりました。

    公式なものにする。

    Jim Beamと同様、バーボンは禁酒法の前に中断していた状態まで持ち直し始めました。 1938年、ミントジュレップがケンタッキーダービーの伝統的な飲み物として紹介され、さらに炎を広げました。 同じ年に、Jim Beam Distilleryは、史上2番目の製品であるJimBeam®Rye をリリースしました。これは、より甘いバーボン兄弟製品のドライでスパイシーなバージョンです。 1954年、Jim Beam Distilling Companyは、増加するバーボン需要に応えるために、ケンタッキー州ボストンの10マイル先に2番目の蒸留所を開設しました。 そして1964年に、バーボンの名声はリンドン B ジョンソン大統領がバーボンを「アメリカのネイティブ スピリット」と宣言して最高潮に達しました。

  5. fred booker noe ii

    ビームからノーへ。

    ジム ビームの娘マーガレットが禁酒法の頃にノエ家に結婚したこと に言及したのを覚えていますか。 覚えていてくださり、素晴らしいです。 では、早送りして1960年に行きましょう。 T ジェレミアの兄弟のカール ビームがクレモント蒸留所のマスターディスティラーだったころ、マーガレットの息子フレデリック ブッカーノエ IIはケンタッキー蒸留所のマスターディスティラーに選ばれました。 5年後、ブッカーはBeamの100万本目の樽を満たしました。 しかし、この素晴らしい里程標にもかかわらず、バーボンはウォッカ、ジン、そして恐ろしいワインのスプリッツァーのようなクリアなスピリッツが人気があったため、不況の真っ只中にありました。 負けじとばかり、ブッカーは革新の道を選びました。

    小さなバッチの夜明け

    1978年に、ブッカーは特別なキャラクターと風味を持つバーボンJim BeamBlack®を発表しました。 しかし、これはそののち起こることの前触れにすぎませんでした。 ブッカーは、元々作られていた方法、つまり少量のバッチでバーボンを作り始めました。 そして1987年に、彼はBooker's®(Jim Beamの最初の小バッチバーボン)のリリースでバーボンゲームをひっくり返しました。 フィルタなし、カットなし、バレルから直など、人々が慣れ親しんだものとは違っていました。 そしてボトルあたり35ドル(今日の約73ドルに相当)という、それ相応の値段になりました。

    収集する価値のあるコレクション

    Booker'sがリリースされたとはいえ、ブッカーノエは仕事を終えたわけではありませんでした。 1992年に、彼はBaker's®、Basil Hayden's®、そしてKnob Creek®などの彼の最初の小ロットバーボンに加えて、Small Batch Bourbon Collection®をリリースしました。 この一連の技術革新は、バーボンのカテゴリーを効果的に活性化させ、Knob Creek®を世界で最も売れ行きのあるスーパープレミアムバーボンに押し上げました。

  6. Fred Noe

    少しの風味を加えて

    1992年、ブッカーは彼の息子と私たちの現在のマスターディスティラー、フレデリック ブッカー ノエ Ⅲ に引き継がれました。 この責任者の変化によって、フレッド ノエ は7代目のビーム家のマスターディスティラーとなり、2005年にはJim Beamの1000万個目の樽を満たしました。 しかしフレッドは記録的な数の樽を生産する以上のことをすることになっていました。 彼の父親のように、彼は改革という強い志をもっており、2009年に彼はRed Stag by Jim Beam®をリリースしました。 ジムビームケンタッキーストレートバーボンウィスキーを注いだこのブラックチェリーリキュールは、バーボンの世界を驚きをもって捉えました。 これにより、バーボンにインスパイアを受けた可能性の新しい領域への門が開かれました。

    さらに多くのビームが世に出る

    Red Stagの成功を土台に、フレッドは2011年にJim Beam® Devil’s Cut®をリリースしました。これは、熟成中に樽の木の中に閉じ込められた液体から作られた少しな不吉なバーボンです。 まるで彼をそそのかすように、Devil's Cut® と Jim Beam Black® の両者は、2012年のサンフランシスコ ワールド スピリッツ コンペティションで金メダルを獲得しました。 これに続いて、フレッドは相次いで新しいお酒と限定版のボトルを作りました。

    お酒のキャビネットにストックする

    2013年、フレッド ノエ はJim Beam® Signature Craft 12-YearとJim Beam® Distiller’s Masterpieceをリリースしました。これは彼の父親のこの上ない小ロットの成果の再リリースです。 そして2015年、彼は、後に世界で最も売れることになるフレーバーウイスキー、Jim Beam® Appleを発表しました*。そしてついに2016年、フレッドはJim Beam® Double Oakで再びバーボン界に革新をもらたらしました。これはチャーしたオークの新樽で2段階熟成させたバーボンです。 言うまでもなく、フレッドは忙しく過ごしてきました。 しかし彼にはまだやることが残っていました。 今日に至るまで、彼は先駆者としても、正統派としても、ジムビームの歴史における地位を固め続けています。

    *“#1 フレーバーバーボン” - 1. Nielsen xAOC+, $ Sales, 52 WE 12/2/17."

    他のバーボンに関するニュースをご紹介しましょう…

    フレッド ノエが新しい技術、フレーバー、仕上げでバーボン界を活動的に活性化する間、議会は2007年に9月をナショナル バーボン ヘリテージ マンスと宣言しました。 そして2012年10月3日に、私たちは1940年代の蒸留所のレプリカであるジムビームアメリカンスティルハウスを開設しました。これにより、ビジターエクスペリエンスが一新され、高められ、バーボン観光を変革するものとなりました。 結果として、私たちのクレモント蒸留所はケンタッキー州で最も訪問される観光地の一つとなりました。

  7. かつての先駆者。 常に先駆者。

    バーボンの最初の家族として、すべてが始まったとき私たちはそこにいました。 しかし、私たちは成功に満足して向上心を失うタイプではありませんでした。 常に革新的で、常にバーボンの新しい高みを目指します。これがジムビームのやり方です。 私たちが225周年を迎えようとしているとき、私たちは違うことをするつもりはありません。 私たちがここに座って歴史を書いている間でさえも、次の世代は前の世代の足跡に倣って勤勉に働き、仕事を基礎から学んでいます。しかし、さらに大切なのは、それらを新しい革新的な方法で再定義することを学ぶことです。 次世代がもたらすものを味わってみるには、手に入るのであれば、LittleBook®を試してみることをお勧めします。 フレッド ノエ の息子、フレディによってブレンドされた、この限定版ウイスキーの両方の版は、発売後すぐに完売しました。 "

    私たちの歴史のさらなる詳細

    "American Still Life"では私たちのマスターディスティラーの物語、私たちのバーボンの一つ一つにある裏話など、ジムビームの詳しい歴史をご紹介しています。