皆さんようこそ
(法定飲酒年齢に達した皆さん)
生年月日をご入力ください
記憶する サイトに入る
drink-smart


バーボンとウイスキーの違いはありますか?

何もないとも、かなり違うとも答えられます。

 

バーボンは
アメリカのネイティブスピリットです

ウイスキーは、まあ、ウイスキーですね

ウイスキーには数多くの種類があります(英語では地域によってwhiskeyまたはwhiskyと表記します)。 スコッチ ウイスキー、ジャパニーズ ウイスキー、アイリッシュ ウイスキー、テネシー ウイスキー、カナディアン ウイスキー、ライウイスキー、バーボンウイスキー、そしてケンタッキー ストレート バーボン ウイスキーです(挙げられなかった場合はごめんなさい)。 Jim Beamでは、最後の2つに”えこひいき”しています。その理由を説明するために、バーボンを他と区別するものについてお伝えします。

言葉の違いということだけではありません

法律が関係します

すべてのバーボンはウイスキーですが、すべてのウイスキーはバーボンではありません。 米国政府の厳しい基準によって定義が規定されています。 以下から「アメリカのネイティブスピリット」の定義とバーボンとウイスキーの違いを詳しく知ることができます。
1. 米国(ケンタッキーではない)で作られた
2. 発酵させた穀物の少なくとも51%がトウモロコシのもの
3. アルコール度数80度以下で蒸留された
4. チャーした新しいオークの樽の中でアルコール度数62.5度以下で貯蔵された
5. 最低2年間熟成された
6. 添加物なし
このため、すべてのバーボンはウイスキーですが、すべてのウイスキーはバーボンではありません。 上記の規則に加えて、Jim Beam®のようにケンタッキー州で製造されなければならないケンタッキー ストレート バーボン ウイスキーがあります。 ちょっと情報量が多いですよね。 しかし現在、Jim Beamは「法を満たす」だけではない、世界 #1のバーボンです。
arrow-down

法律は知ることができました。

でも、それは何を意味しますか?

At least 51% corn

Imagine you’re enjoying a little corn on the cob. It’s sweet, right? That sweetness is what makes bourbon “whiskey’s sweet spot.” And being made from at least 51% corn means all bourbons will have a delightful sweetness that can’t be found in most barley- and rye-based whiskeys.

Maximum Proof.

Each time any type of alcohol is distilled, it comes off the still at a higher proof. But the process also removes anything that isn’t alcohol from the liquid, including flavor. This is why vodka is essentially tasteless. Having a maximum proof means that bourbon maintains more of the flavors from the mash bill that would be lost with further distilling.

New, charred-oak
barrels

This style of barrel aging, as opposed to toasted barrels or used barrels, imparts a richer flavor and deeper color. Jim Beam is aged in new, level-4 char American White Oak barrels for a smooth, mellow flavor with hints of vanilla and caramel. When we’re done with those barrels, some other whiskeys, scotches, wines and even beers have been known to use them in hopes of “borrowing” some of the deep and complex bourbon deliciousness trapped inside the wood.

Aged at least
two years

In general, the longer bourbon ages in charred-oak barrels, the more mellow it becomes. The law says bourbon must be aged for at least two years, but time is only one variable that affects how whiskey ages. For example, due to the extreme temperature differences between seasons, a whiskey aged in Kentucky will mature much faster than one aged somewhere with a more temperate climate, like Scotland. In fact, one might say that a couple years in Kentucky is equal to twice that long in Scotland. Here at Jim Beam, we always age our bourbon at least twice as long as the law requires for a more mature, extra-mellow flavor.

No additives

Many whiskey-makers will add flavoring or caramel coloring to their whiskeys. But, even if they follow all of the other rules of bourbon, they can’t call their whiskey “bourbon.” The only thing that can be added to bourbon is water (and that’s only to bring down the proof).