皆さんようこそ
(法定飲酒年齢に達した皆さん)
生年月日をご入力ください
記憶する サイトに入る
drink-smart

100年以上にわたってバーテンダーから信頼されてきた名前。

Jim Beam®ボンデッド

単にお墨付きというだけではありません。 伝統です。

 

濃厚なフレーバーを特徴として、Jim Beamボンデッドは100プルーフで、オリジナルのJim Beam Bourbonより若干スパイシーな仕上がりとなっており、かつスムースで複雑なフィニッシュです。 どんなアメリカンカクテルにでも加えてください。本物の歴史の味を味わえます。

ウイスキーの品質を統制し模造品を取り除く方法を確立するため、政府は1897年のボトルド・イン・ボンド法を制定しました。 ボンド法の認可を受けるためには、ウイスキーは連邦保税倉庫で最低4年熟成され、一つの蒸留所で一シーズン中に製造され100プルーフで瓶詰めされなければなりませんでした。 これを保証するため、政府は、蒸留所の作業員が監督なしに入ることを防ぐため、すべての保税倉庫に鍵をかけました。 

政府がチェックなしで倉庫にアクセスすることを望まなかったデイビッドビームは、政府の鍵の横に自分の鍵をかけました。 彼が言うところによれば、それはすべての人が正直でいるようにするための方法です。 今日、Jim Beam ボンデッドは、いまだにボトルド・イン・ボンド法に基づいて作られています。ラベルに記載された二つの鍵が、ドアにかけられた政府のものと私たちものとの二つの鍵を思い起こさせながら。 
 

*Products and Packaging may vary by market.